海苔屋の店長のひとりごと
プロフィール

海苔屋の店長

Author:海苔屋の店長
海苔屋からの情報をお知らせします。


河幸海苔店

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新発売 「昆布バラエティセット」
新発売  「昆布バラエティセット」 ¥1050- (送料込み)
koubuset.jpg
北海道 道南産の真昆布を使用し丁寧に煮込んだ

風味豊かな昆布3品の販売を記念して特別価格にての

ご案内です。

甘味昆布3点を送料込みの特別価格にてお届けします。

http://www.kawako.co.jp/p_konbu02.html

「汐吹昆布 味松葉」¥315-
f_026.jpg
北海道産最良質の昆布をじっくり煮上げ、細切にして乾燥させました。

さっぱりとした食通の味でご飯やお茶漬けにもよく合います。

調味料の代わりとしてかくし味に使用できます。


「汐吹昆布 梅味松葉」¥336-
f_027.jpg
減塩松葉に色合いも鮮やかな梅フレークを散らしました。

梅の爽やかな風味に昆布の味がマッチした自慢の味わいです。


「漁火昆布」¥336-
f_028.jpg
やわらかく仕上げた減塩昆布と、かつおの旨みが相まった本格的な味わいです。

削り節粉と肉厚の上質昆布を調和させ黒潮の風味をたっぷり味わえます。

スポンサーサイト
今年も節分の2/3に大阪天満宮にて1000人の丸かぶりが行われました。
節分の3日、1千人が一斉に今年の「恵方」の南南東を向いて巻きずしを丸かぶり
する催しが、大阪市北区の大阪天満宮でありました。

5412030803_3d26ef5f0b.jpg

参加者たちは、無料で配られた巻きずしを手に、
大きな口を開けて一斉にかぶりついてます。
古くから節分に「恵方」を向いて巻きずしを食べると福が訪れるという
言い伝えがあり、大阪海苔協同組合が36年前から普及行事に取り組んできた。
今では全国のコンビニや飲食店などで「恵方巻き」として
販売され人気となっている。
恵方巻きは、天満宮にて1000人一斉に丸かぶり~☆

5412640906_c42a26a39a.jpg

2月3日は節分。
立春の前日だから季節を分ける日で、まあ、大晦日みたいなもんですね。
年越しソバ食べるところもあるしね。
んで、大阪で節分といえば、これはもう、恵方巻き。巻き寿司の丸かぶり。
天満では、豆まきよりも、むしろこっちですね☆

これは、江戸時代、天満の地場産業である乾物屋さんが、
海苔の販促の一環ではじめたのですよ。
かつて、天満宮から大川一帯にかけては乾物商が軒を連ね、
これが天満市場の大元となったわけです。彼らはもちろん天満宮の氏子さん
でもあり、今でも天神祭のときには地囃子の鐘を鳴らしますから、
天満宮と恵方巻きは、結びつきが強いのですね。

だから、毎年、海苔の業界団体が、天満宮で恵方巻きのイベントを行います。
先着1000人にのり巻きを配って、全員で一斉に丸かぶり~。
主催は大阪海苔協同組合。天満宮と縁の深い、菅原町に本部があります。

船着き場から直接乗り入れる蔵や土蔵が、今でも残ってるところですね。

12時に1000人全員で一斉にのり巻きを丸かぶりする!と、
そーゆーイベントです。

こののり巻き、天満宮の宮司さんがちゃーんとお祓いしてくれたもんです。

5412030581_103ac8716c.jpg


1000人全員が境内につくられた結界のなかに入って、お祓いしてもらいます。
黙々とモグモグ・・・。

5412030313_baa0357bcd.jpg


のり巻きの中身は、かんぴょう、キュウリ、シイタケ、だし巻、うなぎ、
でんぶなどの7種類の具。無病息災、商売繁盛を願って、
七福神に引っ掛けて7種の具入りとなってます。

5412641284_487c8bd6bf.jpg


さて、1000人丸かぶりイベントだけじゃなくて、焼のりや味付のりや寿司のりが
この日は安く売られるんですよね。
通常の約半額。しかも、売り上げのいくらかは、車イスの購入資金に寄付されます。

2月3日のこの日は暖かくて、しかも抜けるような青空。

今年一年が、いい年でありますように☆
海苔(ノリ)チャリティーセール in 大阪天満宮
2月3日 開催
主催:大阪海苔協同組合
HP http://www.b-mall.ne.jp/osaka/companyDetail-HQbqCQbrKWkr.aspx
大阪天満宮
大阪市北区天神橋2丁目1-8
HP http://www.tenjinsan.com/



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。