海苔屋の店長のひとりごと
プロフィール

海苔屋の店長

Author:海苔屋の店長
海苔屋からの情報をお知らせします。


河幸海苔店

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月10日は「十日えびす」~今宮戎神社
今年も今宮戎神社において

1月9日から11日まで「十日えびす」が行われました。

今年は曜日が週末の三連休にあたり、天気にも恵まれ、不景気も

手伝い、昨年より7万人多い101万3千人の方が訪れました。

10ebisu_convert_20100113113757.jpg


弊社は近所のよしみで

毎年、今宮戎神社にて 

新海苔の祈祷をして頂いております。

ebisukitou1_convert_20100113113933.jpg


そんな関係で弊社も戎さん期間中ボンボリあげさせて頂いてます。

左下をご覧下さい。


kawakobonbori_convert_20100113114254.jpg


  
十日戎とは!


 豊臣時代の頃になりますと庶民のえびす様への信仰はより厚くなり、

また豊臣秀頼は片桐且元に社殿造営の普請奉行を命じています。

またこの頃より市街が発達し、大阪町人の活躍が始まり、江戸期になると

大阪は商業の町としてより一層の繁栄を遂げ、それと期を一にして

今宮戎神社も大阪の商業を護る神様として篤く崇敬されるようになりました。


saisen.jpg


十日戎の行事もこの頃から賑わいをみせ、延宝三年(1675)の現存する最も古い

大阪案内の図「葦分舟」にも十日戎の状景が描かれています。また文芸の分野に

おいても江戸初期の俳人小西来山の句集で今宮のことが書かれており、

中期の大田蜀山人の紀行文にも十日戎が記されています。また浄瑠璃「艶容女舞衣」

では十日戎が重要な背景として設定されています。明治には、それまでの問丸が

雑喉場の魚市場、材木商組合、麻苧商組合、蝋商組合、漆商組合、金物商組合等が

講社を結成し、十日戎はより一層盛んになりました。このように時代とともに盛大に

なってゆく祭礼ですが、惜しくも昭和二十年の戦災で神社はことごとく焼失しました。

しかしながら昭和三十一年には本殿が復興し、再び十日戎も活況を呈するようになり、

現在では年の最初のお祭りとして十日戎の3日間に約百万人を超える参詣者があります。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。